注目度が高い

配管の修理の方法について

作業員

配管は建物内に必要な水を供給する給水管と、使用した水および雨水などを適切に排出する排水管があります。特にマンションにおいては、給排水の配管は生活を行っていく上で重要な役割を果たしていますが、配管は経年とともに劣化し、不具合を起こすようになります。例えば給水管では腐食による赤錆や、錆こぶの発生による流量の低下があり、排水管では詰まりが原因による腐食や流量の低下があります。これらを取り除くためには、長大なワイヤーブラシなどを使って清掃するか配管そのものを交換するといった方法で修理が行われますが、近年、支持されてきているのがライニングと呼ばれる方法です。

ライニングが支持される理由について

ライニングは更生を意味しており、配管ライニングでは、既存の管をクリーニングすると同時に管の内側を樹脂によってコーティングしてしまうというものです。現在の配管には樹脂製のものが広く使われるようになり、腐食に対して強い耐久力を持っていますが、旧来の配管では金属製のものが使われており、これらが腐食の原因ともいえます。ライニングでは、それら金属製の配管の内側をクリーニングすると同時に内部に樹脂コーティングを施し、これによって、配管を取り外すことなくリフレッシュさせることができます。また管を取り外して新しいのを取り付けるといった工程が必要ないため施工時間が非常に短く済み、工事による負担を減らすことができるメリットがあります。様々なメリットが得られるので、積極的に活用することが望ましいと考えられます。